就業規則

運用を考えて
シンプルな
就業規則。

就業規則は、労働問題が起こった場合に、その結果を大きく左右します。
労働審判や裁判になった場合も、重要な証拠の一つになります。
就業規則の不備がある場合や現状の運用と違う場合などは、早急に就業規則の見直しを行う必要があります。

就業規則は従業員との関係が良好なときに見直しを。

従業員との関係が良好であれば、就業規則の見直しがスムーズに行きます。しかし、トラブルの対応策として見直しを行う場合は、従業員が不審に感じるケースもあります。従業員との関係が良好と感じている会社であれば、早めの見直しを提案します。

定額残業代(固定残業代)を導入している場合は、給与計算までが大切。

定額残業代を争う裁判が多くなり、近年では運用まで考慮しなければ定額残業代を否定されるケースもあります。①就業規則の規定②雇用契約書(労働条件通知書)に記載③金額のバランス④給与計算での精算など、総合的に対応していく必要があります。

Simple

運用が大切

運用を考えたシンプルな就業規則
就業規則見直しというキッカケで労務管理を再構築

「年次有給休暇の申請は総務部長に届出なければならない」と就業規則に記載があっても、
総務部長という役職者がいない・・・   届出用紙もない・・・
就業規則見直しというキッカケで労務管理を再構築しませんか?

就業規則 料金のご案内
就業規則作成 正社員・パートタイマー・嘱託社員を作成 200,000円
就業規則見直し 検討箇所の多さ、難易度により変動 50,000円~
賃金設計・退職金設計 難易度により変動 50,000円~
各種規程作成 ご希望の規程作成 50,000円~
クリニック就業規則 料金のご案内
クリニック就業規則 10人前後のクリニックに特化した就業規則 250,000円

※上記の料金は、標準的な料金になっております。